​生命の根源

整体の対象は「原因不明の慢性的なお身体の悩み(不定愁訴)」が大多数になります。
​ 
※代表格が肩こり、腰痛

しかし、これがまさに曲者であり
​結局のところ、生命とは心身不二の複雑系で
様々な要因が絡み合い
「お悩みの根本的な原因は特定しきれない」のが現実です

いわゆる、骨盤の歪み等からの「姿勢の悪さ」は幻想です。
​当ホームページの『自律神経と肩こり・腰痛』の頁もご覧ください。

その一方で、​
慢性的な身体の不調には 心身症の面があります。
 程度の差こそあれ「こころ」の要素が見受けられるのです

対症療法に堕ちず
「心身の快善により人生の質まで向上する

そんな 整体の理想像を追究するならば

<人の根っこ>の部分、つまり

『生命の根源』まで考え

施術上 アプローチする必要があります。

人という生命

人間から見た
​「脊椎動物の発生史イメージ」

アメーバ掲載用.png
ニジマス右向き.jpg
イモリ.jpg
ヤドクガエル右向き.jpg
恐竜1.jpg
swan-2107052_1920.jpg
鷹右向き.jpg
ねず.jpg
ゾウ.jpg
イルカ.jpg
ライオン.jpg
botswana.jpg
ワニ_edited.jpg
カメレオン.jpg
コブラ.jpg
恐竜2右向き.jpg

※脊椎動物とは頭蓋と脊柱を有し、その内部に中枢神経(脳と脊髄)を収めている動物

上の図は、いわゆる「進化」をイメージしたものです。
※厳密な正確さはありません

「新しいモノ=高等」では全くありません。が、
俯瞰してみると

①生物の一貫した共通点
​ (生命の基本)
②その生物固有の特徴
​ (その生物の一番尖った部分。進化の最先端部)

が分かりやすくなります。

この2点こそが、その生物の「生命の根源」
であると、当院は考えています。

では この2点について、もう少し考えてみましょう。

生物の共通点

アメーバ掲載用.png

最初の生物は 『単細胞生物』です

外界に対して「膜」を張り、自身との境界線を作っています

水滴の張力.jpg
シャボン玉.jpg

この構造は
水滴やシャボン玉のような泡と同じですが、
生物の基本として
​我々にも引き継がれています。

「膜を張り、張力により自身を維持する」

我々は
① 体内を「ファシア(膜)」(筋肉、骨、内臓、神経、血管などの組織を包んで保護する、薄い結合組織の総称)で区切り
② 張力によって自立しているのです(テンセグリティ構造)

20200904_151246.png

テンセグリティ構造は
​当ホームページの『背骨』『骨盤』の頁でもご紹介しております。

しかし、これでは
「生物」と、泡のような「物」との違い
を説明できなくなります。

アメーバとシャボン玉の違いは何か?

外の異物を体内に取り入れ 消化、
栄養素として吸収、残滓は排泄して
自身を一定の期間 「一定の状態に保つ能力(恒常性機能)」が
有るか?無いか?

これが「生命の基本」である
と当院は考えております。

以上の共通点を人に当てはめると・・・

『口から肛門まで続く
  腸を中核とした消化器官』

となります。

消化器官.png

根源①「消化器官」

これが、人という種の「生命の根源」のひとつです

​実際のところ、当院の臨床上も
腸をはじめとする内臓周りが弱っている方には
腹痛、腰痛などに限らず、動悸の乱れ等の
自律神経症状まで出ている方が多く見受けられます

次に、人という種の「固有の特徴」を考えてみましょう

​以上のように

人という生物固有の特徴は
「著しく発達させた脳」

となります。

根源② 「脳」

脳.jpg

これが、人という種の「生命の根源」の もうひとつです

「こころ」は体のどこにあるのか? は,デリケートな問題ですが、
やはり「脳」が主に担当していると考えています。
つまり、

『<脳>の疲労が慢性化すると、<こころ>の調子も悪くなる』
という考え方になります。

また、これは非現実的な空想論ではなく
整体の実践的な臨床論ですので
あくまでも「体」への徒手による働きかけ(手技による施術)が前提にあります。

(まとめ)

人という種の「生命の根源」

① 腸を中核とした消化器官(基本部分)
​② 脳(一番尖った 進化の最先端部)

人の特徴

20200603_092953_edited.png
DSC_4666_edited.png
%EF%BC%92%E3%81%97%E3%82%93%E3%81%8B_edi

ヒトは「直立二足歩行」から始まりました

しかし、それ故に 「二足歩行」は
​人として発達させた最先端・最新鋭の部位ではありません。

ヒトを「人」にして、
生物史上 極めて特異な
発展・繁栄をもたらしたもの

東京駅.jpg
アルタミラ.jpg

つまり、二本足のサルであった「ヒト」を
​文明を持つ「人」に変えたのは何か?

チェチェンイツァー.jpg
水田.jpg
農業.jpg

それは やはり

脳を大きく発達させたことによる
​「心と思考の複雑化」

と言えるでしょう。

思考.png

「生命の根源」を整える

人という種の「生命の根源」

① 腸を中核とした消化器官(基本部分)
​② 脳(一番尖った 進化の最先端部)

対症療法な整体に堕とさず
より本質的な体調の向上「心身の快善」を目指すならば、
この2点へのアプローチが不可欠になります。

では、どちらを優先するべきか?ですが
当院は、
「脳」へのアプローチを優先します。

理由としては
腸のほうが 生物史上、より古くあるシステムであり

・完成度が高い
・回復力も強い からです

脳のほうが 生物史上、より新しいシステムであり
​弱く、外部からの援助を より必要としているのです。

以上のことを前提のうえで、当院のアプローチを紹介します。

① 内臓へのアプローチ

​腹部からの調整を行います。

​チネイザンや経絡の考え方も取り入れた 
手技による内臓調整です。

内臓調整は 原則、ショート60分コースでは行っておりません。
スタンダード90分コースからとなります

② 脳へのアプローチ

「脳脊髄液の循環」を改善することにより、脳の疲労を解放しましす。

中枢神経(脳と脊髄)は髄膜に覆われ、保護されています

髄膜の中では脳脊髄液が循環し、脳と脊髄の内部から老廃物を洗い流します。
​脳脊髄液の循環が滞っている場合、脳に疲労が蓄積していきます

髄膜は頭蓋骨内部と上部頸椎、仙骨と尾骨に付着して中枢神経(脳と脊髄)を体内で安定させています

頭蓋骨と仙骨・尾骨はわずかに動くことで、ポンプのような
働きをし 髄膜内の脳脊髄液の循環を促進しています

頭蓋骨と仙骨・尾骨の矯正で

骨のポンプ機能 髄膜の乱れを整え
脳脊髄液の循環を促進
脳内に滞積した老廃物を洗い流し

脳を疲労から解放する

瞑想_edited_edited.jpg

以上の考えに基づき
当院の
独自技術<D.S-O>が開発されました

当ホームページの「<D.S-O>テクニック」の頁もご覧ください

このように
脳(中枢神経)の疲労を解放することを第一とし

「生命の根源」から整えていくことで

対症療法に堕ちず
心身の快善により人生の質まで向上する

そういう整体を 当院は目指しています

当院の実績

・初回の施術で効果を実感される確率:95%超

「メンタル」な要素が関係するお悩みに対しても 改善実績あり

ストレス由来の逆流性食道炎、自律神経失調症、慢性疲労症候群、神経症​、うつ 等

「健康は第一の富である」

(ラルフ・ワルド・エマーソン)

1218SK繧ォ繧、繝ュ繝輔z繝ゥ繧ッ繝・ぅ繝・け貂玖ーキ謨エ菴馴劼讒・_P0A

ショート 60分コース

極みの 120分コース

自己投資としての整体

革新の骨格矯正

IMG_20181222_080351_edited_edited_edited_edited_edited.png

スタンダード 90分コース

¥11,000(税込み)

¥15,400(税込み)

¥19,800(税込み)

¥24,200(税込み)

HOT PEPPER Beauty​ から予約できます

提供するものは癒しではなく、元気。 

<D.S-O>カイロプラクティック

極楽 150分コース

お問い合わせ

送信ありがとうございました